未来のための触媒技術
      Alloy foamは小型反応器の性能と
大型反応器の生産性を高めてくれます。

工程の革新

全ての化学、石油化学及びエネルギー工程では、お互いに異なる物質間の触媒反応技術が核心となります。このような工程は膨大な投資をするとしても、コストがかかり過ぎ、失敗の危険性があり、変化しにくい特性を持っています。

しかし技術は常に変化しており、真剣で実質的であるため、工程を大きく強化することを必要としているのが現実です。Alloy foam基盤の触媒反応を実現することに重心を置くことや関連装置を設置する工程が、効率を高めて炭素排出量を減少させるため、メリットが多いということはたくさんのデータにより反論の余地もなく立証しています。Alloy foamは次のような側面から小型反応器の性能を高めて、大型反応器の生産性をより高めます。

  • エネルギー消費減少
  • 時間減少
  • サービス回数減少
  • 触媒寿命の最大化
  • 簡単で予測可能であり、費用を節約できるメンテナンス

Alloy foamは驚くほど運営費用を減らして、生産性を高めてくれます。またエネルギー効率の高い、より良い世界を実現してくれます。